2021年3月1日月曜日

東京吹奏楽団定期演奏会

 東京吹奏楽団第67回定期演奏会に行ってきました。

この演奏会は、昨年10月に予定されていたものが、コロナ禍で延期されたものです。
延期したものの、年明けに緊急事態宣言が出され、今回は緊急事態宣言の中での開催です。
主催者の皆さんは、再延期すべきか、中止すべきかかなり悩んだとのこと。
いろいろな思いがある中での開催となりました。
会場は、池袋の東京芸術劇場。

一席置きの定員5割での開催でした。
今回のプログラムはこちら。

 喜歌劇「天国と地獄」序曲 / J.オッフェンバック arr. 建部 知弘
 エルザの大聖堂への行列 / R.ワーグナー arr. L.カイエ
 シンフォニア ノビリッシマ / R.ジェイガー
 バンドのためのゴジラ・ファンタジー / 伊福部 昭 arr. 和田 薫 監修. 汐澤 安彦
 交響詩「ローマの松」 / O.レスピーギ arr. G.M.デュカー

第一部最後のゴジラには痺れました。
トロンボーンが格好良かった。
第2部のローマの松は、吹奏楽で初めて聴いたのですが、よいですね~。

アンコールは、
 ・主よ人の望みの喜びよ 
 ・ティコティコ 
 ・エルクンバンチェロ 
 ・星条旗よ永遠なれ
とたっぷりと。
今回は、全体を通して、低音が気になった演奏でした。
とにかく気持ちよかった。

次回は、9月。和田一樹さんを指揮に迎えます。
和田さんは、ルネこだいらでもお招きしたことがある指揮者です。
どんな演奏になるのか、また、楽しみです。もちろんいきます!!

厳しい環境の中、演奏会を実施していただいて有難うございました。

 

 

 

 

2021年2月28日日曜日

映画「ファーストラブ」

映画「ファーストラブ」を観てきました。

小説を読まないので、この映画も内容をまったく知らないまま鑑賞です。

 
北川景子さん、綺麗ですね。
最近は映画に立て続けに出ていて、私が観ただけでも「ドクターデスの遺産」「約束のネバーランド」と本作。
窪塚洋介さん、みをつくし料理帳につづいて、抑えた演技で、存在感がありました。
堤監督とはピンポンのイメージが強いですが、素敵な役者さんですね。
中村倫也さんは、あいかわらすの格好良さ。
芳根京子さんも良かった。

いろいろな感情が出てきます。
子どもとして、大人として、親として、男として。
病室で由紀が過去を打ち明け、それを受け止めながらそれも由紀の一分なんだよと包み込む我聞の温かさ。
私もポトフを作りたくなりました。
そんなやさしい大人になりたいなぁと感じる映画です。

2021年2月26日金曜日

映画「あの頃。」

 映画「あの頃。」を観てきました。


重い作品、グッとくる作品は、今の精神的に受け止められそうもないので、少し軽そうなものをと思ってこの映画ををチョイス。

松坂さん、かっこいいですね。アイドルオタクをやっててもかっこいい。(笑)

仲野太賀さんは、嫌らしい役がはまりますね。

若葉竜也さんもAWAKEとは全くい違う役でしたが、いろいろな顔を見せます。


あの頃の楽しさを思い出しながら

いろいろあったけど、人生のなかで今が一番楽しいです。

という松坂さんの言葉にグッと来ます。


2021年2月25日木曜日

映画「約束のネバーランド」

 映画「約束のネバーランド」を観てきました。

原作も何にも読んでいないまま、まっさらな気持ちで行ってきました。

ですので、純粋に映画を楽しむということで。

北川景子さん、最近の活躍はスゴいですね。この映画でもとても綺麗でした。

渡辺直美さんも嫌~な感じが出ていてよかったです。

子どもたちの演技力にばらつきがあるのは仕方ないところでしょうか。

浜辺美波さんの15歳というのもちょっときつかったかな?

原作ではもっと人間関係など丁寧に描かれていると思いますが、十分に楽しめました。

 

2021年2月21日日曜日

小平駅前ショッピングセンター

 小平駅南口の小平駅前ショッピングセンター。

いろいろな商店が集まる商店会です。

この商店会で先日まで行っていたイベント「バレンタインセール」。

商店会に関係する写真を撮って、ツイッターまたはインスタグラムに「#ミラクルバレンタイン」というハッシュタグをつけて投稿し、優秀作品を選ぶというもの。

このイベントにギリギリ入選し(10作品入賞で、9番目の発表だったので、おそらくギリギリ)、商品券3000円分をいただきました。

入賞した作品はこちら。


南側の道路沿いにある、「こだいらのしぜん」という壁画を1枚にまとめたもの。

タヌキを主役に小平市の四季が描かれています。


描いたのは武蔵野美術大学の学生たち。素敵な絵をありがとうございます。

すっかり街に溶け込んでいますが、先日、モヤさま2でさま~ぁずが来たときにも注目していましたね。

イベントをきっかけに、地元の商店街を見つめる良い機会となりました。


2021年2月20日土曜日

映画「名もなき世界のエンドロール」

 映画「名もなき世界のエンドロール」を観てきました。


岩田剛典さんと新田真剣佑さんのダブル主演。
二人ともかっこいいですね。
 
映画館での予告編などで 「ラスト20分の真実。この世界の終わりに、あなたは心奪われる―。」
というキャッチフレーズを何度も聞かされていました。
どうも、ピンとこなかったので、この作品はスルーと思っていたのだけれど、映画好きな友人のブログを読み、「もともとの予告編で覚悟していたほどはつまらなくはなかった。」と書かれていたので、ちょっと考えを変えてみました。
 
ラスト20分を待たずに、結末は見えてきてしまうのですが、作品として充分楽しめました。
個人的にはもう少し友情あたりをしっかり描いてほしい気もしましたが、恋愛寄りにしてほしい、サスペンスものにしてほしい、主役の格好良さを描いてほしいといろいろな要求があったのかなぁと推察。
最大公約数を狙ったものになったのかもしれません。

2021年2月15日月曜日

多摩六都科学館とコラボ

 多摩六都科学館に行ってきました。

以前、3年間ここで働いていたことがあります。
その当時のスタッフもまだたくさん残っていて、この方々と一緒に仕事ができるなんてとても嬉しいです。

今回は、環境学習講座をここで開催しました。
最近、学校では顕微鏡をあまり使わなくなったと聞きます。
多摩六都科学館には、顕微鏡がたくさんありますので、1組1台配置して、じっくり顕微鏡で観察してもらいます。
かなり贅沢な教室です。
もちろん、手指消毒など徹底して、定員を半分に絞って、コロナ対策を徹底しながら開催しています。
講師は、科学館の大平敦子さん。
土壌動物の研究者でもあります。
科学館の敷地内の雑木林に土を採取しに行き、自分たちで採ってきた土の中野生物を観察しました。
最後は、土壌動物から生物多様性を考えます。
生き物はつながっている。
生物多様性を考える良い機会になりました。

多摩六都科学館のみなさん、ありがとうございました。

科学館入口のカウンターにひな人形が飾られていましたよ。